新聞・段ボール・雑誌などの古紙回収を大阪を中心におこなう、株式会社新明和

新聞の大切な記事や情報を残したい方へ

「古紙回収に出しても大丈夫」という嬉しいサービス

「古紙回収に出しても大丈夫」という嬉しいサービス「紙」の新聞はインターネットの新聞情報とちがって、ずっと保管できるのが強みです。
ただ一方で「ダニ」「紙魚(シミ)」などという害虫に悩まされるため、できるだけ古紙・古本は自宅や社内など手元に置きたくないものです。

では、大切な情報をどう保管すればいいでしょうか?
しかも、一度捨ててしまった古新聞の記事を取り戻すためには、どうしたらいいでしょうか?

そんな悩みを解決してくれるのが、「記念日新聞」サービスや「お誕生日新聞」サービスです。

新聞社独自のものから、一般企業による「まとめてサービス」まで

新聞社独自のものから、一般企業による「まとめてサービス」まで結婚記念日や出産祝いに喜ばれるのが「記念日新聞」です。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞など大手新聞社をはじめ、中日新聞や河北新報など地域密着型の新聞社でも、どんどん対応枠が広がっています。

また、1社ずつ依頼するより複数社の新聞をまとめて欲しいという方には、株式会社 アシストシステム研究所が商標登録をもっている「お誕生日新聞」というサービスもあります。

こちらは朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、The Japan Timesの4紙をまとめて取り寄せることができるうえ、表紙をつける「表紙セット」や製本・桐箱入りの「記念日セット」などもあるようです。

ユニークなサービスとしては、これら記念日の新聞をパズルにすることもできるようで、ちょっとしたプレゼントとしてとても喜ばれるようです。

古紙・古本回収は専門家の新明和グループへ

古紙・古本回収は専門家の新明和グループへ前述のように、一旦捨ててしまった新聞でも、誕生日や記念日などのほか、年月日指定で新聞取り寄せが可能になった時代ですから、古新聞の回収は気がねなく新明和グループにおまかせください。

ついつい保管している内にホコリがたまり、害虫がわいてしまうと家全体・事務所全体が不潔になりかねません。

すっきり片付けをして広い清潔な空間でこそ、安心して生活ができるものです。
もし今、お手元にまとまった分量の古紙や古本があるようでしたら、まずは新明和までお電話ください。
最寄りの地域で活動しているスタッフがお伺いいたしますので、お気軽にフリーダイヤル:0120-885-639まで。 月曜~土曜の平日(祝日を除く)は午前9時~午後6時まで対応しておりますので、よろしくお願いいたします。

(各社への敬称は省略させていただきました。)

定期的な回収をご希望の方はコチラまで

産業古紙回収をご希望の方はコチラまで

会社概要はコチラ(金属くず業許可や古物商許可も取得、安心の新明和グループ)

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-885-639 平日(月~土) 9:00~18:00まで

PAGETOP
Copyright © 古紙回収の新明和 All Rights Reserved.