新聞・段ボール・雑誌などの古紙回収を大阪を中心におこなう、株式会社新明和

一般古紙回収

自治会・町内会・管理組合の方へ

紙は、私たちの暮らしのなかで、なくてはならないものです。

ご家庭では新聞や雑誌・書籍、ティッシュペーパーやトイレットペーパー・紙パックなどの日用品、郵便うけにはいるチラシ広告などさまざまです。

pagebn-01
 

ほかには引っ越しのときにでる不要な段ボール、郵送商品などの梱包材、買いものしたときにいれてもらう紙袋もそうですね。

これらの不要になった紙製品、すぐにたまってしまって置き場所にこまっていませんか?

新聞や書籍などは、ほうっておくとダニが繁殖しやすく、ほこりもかぶりやすいので衛生的にもあまりよくありません。

いらなくなった紙製品は、定期的に処分することをおすすめします。

だからといって、ゴミとして捨ててしまうのではなく、まとまって処分するときは古紙回収業者に依頼しましょう。

新明和なら、近畿一円、どこでも回収におうかがいたします。

町内会や子ども会・老人会・自治会・学校・マンション、そのほかの施設での集団回収も、
ぜひ『新明和』にご相談ください。

お祭りやイベントでは、大量の不要な段ボールがでますよね。

イベント案内のポスターなども処分におこまりではありませんか?

それらの段ボールや古紙の集団回収なら、『新明和』におまかせください。

イベントなどのご都合にあわせて、日時指定で回収にうかがうこともできます。

マンション・団地などの集合住宅では、曜日をきめて指定場所に集めていただければ、
定期的に回収におうかがいいたします。

集合住宅におすまいのかたも、定期的に処分できればラクに整理ができ、ご家庭のなかも
スッキリして喜んでいただけることでしょう。

map
 

日本ではいま、紙類の原料の約6割以上を古紙がしめています。

そして、さまざまな古紙がゴミとしてあつかわれます。

「新聞も雑誌も、もういらないからゴミに出してしまおう…」

捨てるまえに、ちょっと考えてください。その古紙すべて、リサイクルしませんか?

新聞も本も、古紙はたいせつな資源なのです。

gomisute
たまってしまった古紙にかんしてお困りのことがあれば、ゴミとして捨ててしまわず、
まずは『新明和』にご相談ください。

どのようなご要望にも、電話一本でスピーディーに対応いたします。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-885-639 平日(月~土) 9:00~18:00まで

PAGETOP
Copyright © 古紙回収の新明和 All Rights Reserved.